集落支援員

集落支援員とは

「集落のことを話し合う場がない・・・」
「集落の会合に参加する方が減ってきた・・・」
「公民館で講演会や勉強会をやってみたい・・・」
「集落に防災組織がなくて、災害時が不安・・・」 など、

相談したり話し合ってみたいと感じたことはありませんか。

 集落支援員は、人口減少や高齢化が深刻な集落を、地域の事情に詳しい相談役として巡回し、集落の維持・活性化を図ることを目的に創設された国の制度です。

 最上町では、平成23年度からこの制度を取り入れ、現在3名の支援員が集落への目配り・点検・話し合い等のきめ細かな今後の活動を行なっていきます。

 

  • 集落の状況調査と点検
  • 地域課題の把握と抽出
  • 集落活性化のための話し合い
  • 地域の連携と協力体制づくり

集落支援員

支援員名  須藤 勇(すとう いさみ) 出身地:白川端
支援員名  栗林 浩子(くりばやし ひろこ)出身地:前森
支援員名  二戸 裕加里(にと ゆかり)出身地:大堀

この記事を印刷 この記事を印刷