ご挨拶

 日頃より、町政の運営に対し、多大なるご理解とご協力を頂いておりますことに厚くお礼申し上げます。

 私自身が目指す町づくりの理念は、地域の一人ひとりが「決して一人ではない。僕がいるから、私がいるからこの町がある。」そう思える自治協働に根差した町の実現であります。
町の主役は町民の皆様一人ひとりです。町づくり政策の出口を常にイメージしながら、そこに近づける組み立て方を、一人で頑張り過ぎず、持てる力をみんなで出し合い、そして満足をみんなで分かち合う、そんな町政運営を目指して参ります。

  昨年、当町にふるさと納税を行って下さった方々が2万7千人を超えました。このことは、わが町に2万7千人の応援団がいて下さるということであり、この方々が、最上町に住んでみたい、そう思えるようなまちをつくりながら、誇れる人・物・文化も広く発信して参ります。

 「地方創生」その基本は、町民一人ひとりがわが最上町に自信と誇りを持つことであり、そのことなくして地方創生は成り立ちません。
都市の課題を我々地方の魅力をもって、連携し共生し合うといった視点に置き換えれば極めてチャンスであります。

  人口減少社会への対応は重要不可欠な課題であります。今年度いよいよ再生可能エネルギーを活用した「若者定住環境モデルタウン」への居住がスタートします。UIJターンも積極的に促し、活気あふれるまちづくりに努めます。
早くから幼保一元化に取り組んで参りました子育て支援の充実についても「子育て大国最上町」をスローガンに昨年度から保育料の無償化を行っております。

  産業振興、雇用の創出、森林林業の再生、バイオマス活用による再生可能エネルギーの推進、農業を起点とし農観商工連携による観光まで見据えた6次産業化の実現、健康づくりの町として、生涯現役社会・地域福祉の充実を図りながら、子供たちの笑顔あふれる、大人も子供も住みやすい町を目指して、町民の皆様と向き合いながら頑張って参ります。

  町民の皆様の益々のご支援ご協力をお願い申し上げご挨拶とさせて頂きます。

 

 

最上町長 髙橋 重美

この記事を印刷 この記事を印刷