出産育児一時金

直接支払い制度について

出産にかかった費用に出産育児一時金を充てることができるよう、原則として最上町国民健康保険から直接医療機関へ支払われる仕組みです。

※出産にかかった費用が42万円を超えた場合は、ご自身が差額を医療機関等に支払うことになります。また42万円未満となった場合は、その差額分を最上町国民健康保険に請求することができます。

※直接支払制度の利用を希望されない場合は、従来の支払方法 (出産後の事後払い)の利用も可能です。ただし、出産費用を医療機関等にいったんご自身で支払うことになります。

この記事を印刷 この記事を印刷