高齢者福祉

高齢者が住み慣れた家庭や地域の中で、安心して暮らし続けることができるよう、在宅福祉サービスの提供と相談支援を行います。

 

最上町地域包括支援センター担当の事業

介護等の相談

寝たきり、認知症、障害を持っている方の介護に関するあらゆる相談に応じています。介護保険の申請や介護予防のケアプラン作成の相談にも応じています。

高齢者の抱えている問題の総合的な相談窓口にもなっていますのでお気軽に相談ください。

 

最上町健康福祉課 福祉係担当の事業

民生児童委員

地域での、福祉の総合的な相談窓口になっております。あらゆる福祉の相談に応じますのでお気軽にご相談ください。

軽度生活支援事業

おおむね65歳以上のひとり暮らし高齢者や高齢者夫婦の自立した生活を支援するために、軽易な日常生活の援助を行います。

  • 援助内容 : 外出時の付き添い、買い物、庭木などの手入れ、除雪など。
  • 利用者負担 ・・・ 210円(1時間あたり) 

※除雪の場合は、4時間750円(作業員1人あたり)
※除雪支援は、家族等からの支援が受けられない町民税非課税世帯に限ります。 

いきいきデイサービス

おおむね65歳以上の介護認定において非該当と認定された高齢者に対して、通所によりレクリエーションや趣味活動などのサービスを提供し、生きがいづくりの支援を行います。

  • 利用者負担 ・・・ 430円(1日あたり) 
緊急通報装置設置事業(やすらぎ電話の設置)

おおむね65歳以上のひとり暮らし高齢者や高齢者夫婦世帯で、虚弱な高齢者のいる世帯等に対し、緊急通報装置(やすらぎ電話)を貸与します。

  • 利用者負担 ・・・ 初回設置時 5,000円 
介護用品等支給事業

常時失禁状態にある要介護3以上の高齢者等、又は身障手帳1、2級所持者で寝たきりの方や認知症の方を3ヶ月以上在宅で介護している介護者に対し、おむつ券(月5,000円分)を支給します。

※支給要件・・・生計中心者の所得税30,000円未満の世帯に限ります。

介護者激励金

65歳以上で要介護4以上の寝たきり状態の高齢者や重度の認知症高齢者、又は身障手帳1、2級所持者で寝たきりの重度身体障害者を在宅で6ヶ月以上介護している介護者に対し年間60,000円の激励金が支給されます。

※在宅で受けられるサービスや、手続きなどを紹介しましたが、何れの場合も申請書・印鑑・申請時に添付していただく書類などが違いますので、最上町健康福祉課福祉係または最上町地域包括支援センターまでお問い合せ下さい。

短期入所生活介護事業

おおむね65歳以上の要援護高齢者で、介護認定非該当の高齢者に対し、要介護状態への進行を防止するため、一時的に施設に入所し体調調整を図り、生活習慣の指導を行います。

  • 利用者負担 ・・・ 2,500円(1日あたり) 

最上町地域包括支援センター  電話 0233-43-3117

ふれあいの場

高齢者総合福祉センター

娯楽室、温泉浴室などがあり、誰でも利用できる「いこいの広場」です。

年中無休 9:00~21:00(月曜のみ19:00まで)

電話 0233-43-3181

※お得な回数券(10回に1回サービス)やシーズン券(1年で約40%割引)がありますのでご利用下さい。

健康クラブでメタボリック対策を!

健康運動指導員が個別プログラムを作成(有料)。さわやかな汗を流し、健康な毎日を過ごしましょう。

※月曜・祝祭日はお休みです

問い合わせ先

最上町高齢者総合福祉センター 電話 0233-43-3181
又は、健康福祉課 電話 0233-43-3117

 

ふれあいの里ゲートボールセンター

ふれあいの里ゲートボールセンターは、屋内に2面のコートがあり、天候に左右されず利用できます。近くには赤倉温泉があり、温泉に宿泊して利用するグループも多く見られます。

また毎月15日~20日は「町民健康推進週間」で、この間の町民の利用料は30%引きになります。

休館日は、月曜日です。

 

申し込み問い合わせ先

ふれあいの里「さくら」((最上ふれあい学園) 電話 0233-45-2033

 

働く

新庄最上地区シルバー人材センター

高齢者の豊かな職業経験を活かして、臨時的な仕事を引き受けて、登録している会員から働いてもらう仕組みです。 60歳以上の健康で働く意欲のある方を募集しております。

仕事の種類はいろいろです。懇親会などもあります。

 

問い合わせ先

新庄・最上地域シルバー人材センター  電話 0233-22-3065

この記事を印刷 この記事を印刷