環境保全対策

環境保全員の活動

町の環境保全対策は、環境保全員をはじめ多くの町民のボランティアに支えられています。

町では、平成3年11月に各地区に1名ずつ「環境保全員」を配置し、環境保全と美化対策に力を注ぎました。この方々の仕事は、ごみの不法投棄の未然防止と早期発見のため、定期的に巡回をしていただいております。

現在、町内の各地区に21名を委嘱しております。

平成5年4月に、空き缶の散乱防止、不法投棄ごみを一掃するために、「最上町美化推進及び美観の保護に関する条例」を制定し、環境にやさしい町づくりを目指しています。

町民のボランティア活動

 町民の美化意識の高まりが、美化条例の制定へとつながり、現在では、中学生、高校生のみなさん、自治会での取り組み、建設業組合のみなさん、商工会、漁業組合のみなさん、スポーツ少年団など幅広い各層の団体、個人の尽力が町の美化一層進めています。

この記事を印刷 この記事を印刷