こんなときは

災害時の連絡・情報

火災の時・・・119番

最上広域市町村圏事務組合

東消防支署 TEL 0233-43-2008

事故の時・・・110番

  • 新庄警察署 TEL 0233-22-0110
  • 赤倉駐在所 TEL 0233-45-2110
  • 大堀駐在所 TEL 0233-44-2110
  • 瀬見駐在所 TEL 0233-42-2110
  • 最上町駐在所(向町) TEL 0233-43-2110

 

急病・けがの時

最上町立最上病院 TEL 0233-43-2112

永井医院 TEL 0233-43-1511 ※休診…日曜・祭日

山で遭難した方がいた時

最寄りの駐在所・警察署または、最上町役場 総務課危機管理室 TEL 0233-43-2111

火災の時の心得

火災を発見したら119番に通報しましょう。

119番は24時間最上広域消防本部につながります。

住所番地や氏名なども聞かれますが、正確な出火場所を特定することが、消火への一番の近道ですので、落ち着いて話して下さい。

火災情報

火災発生と同時に消防署への電話が殺到します。

火災の場所等の情報は、0180-99-2345をご利用ください。

地震に備えて

あっ、地震!

そんなとき、どうすればいいの?

まず、身の安全を 揺れを感じたら、丈夫な机やテーブルの下に身を隠しましょう。

また、外にいるときは、屋根の瓦やブロック塀が倒れたりするおそれがあるので、近寄らないようにしましょう。

デパートや駅などで地震にあったときは、あわてて出口に殺到せず、係員の指示に従いましょう。 冷静に出火を防ぎ、使用中のガス器具、ストーブなどはすばやく火を消しましょう。 また、電気器具のコンセントも忘れずに抜きましょう。

避難のときは
  • 避難しなければならないときは、非常持ち出し袋を持って、徒歩で指定された避難場所に避難しましょう。
  • テレビやラジオ、防災行政無線、インターネット等から情報を入手しましょう。
地震に備えてやっておくもの
  • 家具などの転倒防止措置 本棚、食器棚やたんすは、L型の金具や突っ張り棒などを使って、転倒防止の措置を講じましょう。
  • 非常用の飲料水や食糧は、3日分ほど用意しておきましょう。
  • 非常用持ち出し袋の準備 ラジオ、懐中電灯、筆記用具、非常食、水、少量の現金については、すぐ持ち出せるように準備しておきましょう。

事前に家族で話し合って決めておくことが大切です!

山菜取りなどで遭難したとき

まず、最寄の警察及び消防署へ届け出てください。

その後、町の消防団に救助・捜索を依頼するときは、総務課 危機管理室へご連絡願います。

 

連絡先:TEL 0233-43-2111

捜索の費用について

消防団員の手当については不要ですが、以下の経費については捜索を依頼した方に負担していただきます。

  • 案内人(民間人)の手当、保険料
  • 捜索参加者の食事代
  • 捜索に必要な消耗品代実費(電池、燃料等)

この記事を印刷 この記事を印刷