洪水ハザードマップ

【洪水による災害の防止に向けた取組み】

 水防法により、都道府県知事は、洪水時の円滑かつ迅速な避難を確保し、水災による被害の軽減を図るため、当該河川の洪水防御に関する計画の基本となる降雨により当該河川がはん濫した場合に浸水が想定される区域を浸水想定区域として指定することになっています。

浸水想定区域図は、洪水時の円滑な避難の確保を図るため、河川整備の基本となる降雨により河川がはん濫した場合に浸水が想定される区域と浸水深さをまとめた地図で、水害時における人的被害を防ぐことを目的として作成される洪水ハザードマップの基盤となるものです。

 

 県内の河川ごとに浸水想定区域図を公表し、河川で洪水による浸水が想定される区域について詳しく説明しています。また、メール配信により、「山形県河川・砂防情報システム」による、県内の気象注意報・警報、雨量・水位情報、防災情報(洪水予報、土砂災害警戒情報)を受信登録の方法についても解説しています。

 

【風水害に関するその他の資料】

この記事を印刷 この記事を印刷