エコ住宅新増改築支援事業

〝環境にやさしいまち〟 そして〝持続可能なまち〟をめざして

鉄やコンクリートは材料を製造するのに多くの二酸化炭素(CO2)を排出しますが、木材(植物)は、その成長過程においてCO2を吸収して育ちます。材料の加工に係るCO2排出量には差があるものの、これほど環境にやさしい材料は他にありません。

8割を森林に覆われている本町で、“環境にやさしい”そして“持続可能な”まちづくりを進めるためには、豊富な森林資源を有効に活用していかなければなりません。 今、世界的に地球温暖化防止が取りざたされているなか、事業者のCO2排出量削減 のみに収まらず、家庭からのCO2排出量削減も課題となっていることから、エコな設 備を有する木造住宅の新増改築を支援することにいたしました。

1.補助の対象は…………

① エコな設備(下表)を2種目以上有すること

 1.居住部分の外壁、天井、床に断熱材を施したもの
 2.居住部分の窓が2重あるいは複層ガラスの構造であること
 3.新増改築と同時に太陽光発電設備を設置したもの
 4.木質エネルギーを利用した暖房設備を有するもの
 5.その他環境配慮型の住宅附属製品を有するもの
 ※給湯、空調設備など国の住宅版エコポイントの対象となるもの

② 建物は住宅部分を含むもので、住宅部分の面積が70㎡以上あること
③ 町内に本店を置く事業者が工事を施工し、木材調達も町内業者取引であること
④ 自ら住む目的で住宅を建築すること(営利目的の建物は対象外)

2.補助金を受けるには…………

① 新築・増築・改築の工事を始める前に認定を受けてください。
(最上町エコ住宅新増改築支援事業計画認定申請書の提出から)
② 建築工事完成後に補助金を請求してください。
(認定された計画どおりであることを確認した後で補助金を交付)

3.補助金の額は…………

 新築または増改築工事費の20分の1以内(補助金の限度額は50万円)

4.詳しくは………… 

 最上町役場 建設課 都市環境整備係 までご相談ください。

この記事を印刷 この記事を印刷