医療費通知について

国民健康保険の医療費のお知らせについて

「国民健康保険の医療費のお知らせ」は、診療を受けられた医療費の総額をお知らせすることにより、自分の健康管理を行い、適正な保険診療を受けていただくための目安として年6回郵送しているものです。

 

記載内容

  1. 受診年月
  2. 受診者氏名
  3. 受診医療機関名
  4. 診療区分
  5. 入院・外来区分
  6. 日数
  7. 医療費の総額

 

ジェネリック医薬品利用促進のお知らせについて

「ジェネリック医薬品利用促進のお知らせ」は一カ月の間に処方されたお薬を、同一成分のジェネリック医薬品に切り替えた場合、自己負担額を500円以上削減できることが見込まれる方に対してご案内しているものです。
医療費、自己負担額の軽減の目安として年6回郵送しています。

 

記載内容

  1. 処方年月
  2. 医薬品名
  3. 自己負担相当額
  4. ジェネリック医薬品に切り替えた場合に削減できる自己負担額

 

※送付を希望されない方は健康福祉課保険係までご連絡をお願いします。

医療費を節約するための注意点

○特定健診・特定保健指導・健康診断を受診しましょう
特定健診・特定保健指導・健康診断を受診し病気の予防と、早期治療を心がけましょう。

○かかりつけのお医者さんを持ちましょう
かかりつけの医師を持ち、気になることがあったら、まずかかりつけの医師に相談しましょう。

○重複受診をしないようにしましょう
同じ病気・症状で複数の医療機関を受診することは控えましょう。

○薬は上手に使用しましょう
薬が余っているときは、医師や薬剤師に相談し、薬のもらいすぎに注意しましょう。

○ジェネリック医薬品を活用しましょう
ジェネリック医薬品は先発医薬品(新薬)と同等の効能を持つ医薬品であり、費用が先発医薬品よりも安く済みます。ジェネリック医薬品の利用については医師や薬剤師に相談しましょう。

医療費は国民健康保険税より支払われています。

医療費が増え続ければ保険税の値上げなど負担が増えることにもなります。適正な受診で医療費財源の安定的な運営にご協力をお願いします。

この記事を印刷 この記事を印刷