ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品とは、先に開発された新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に製造されるお薬のことで、後発医薬品とも呼ばれます。

効き目や安全性が新薬と同等と認められた医薬品で、開発コストが抑えられるため、価格が新薬より2割から8割程度安いのがジェネリック医薬品です。

 

Q.ジェネリック医薬品の安全性について

A.新薬と同じ有効成分を使用して製造されており、厚生労働省の審査機関で新薬と同レベルの品質、有効性、安全性が確認された医薬品がジェネリック医薬品です。

 

Q.ジェネリック医薬品を処方してもらうには

A.ジェネリック医薬品も医師による処方せんが必要です。

医薬品の種類、処方等については、かかりつけの医師や、薬局の薬剤師に相談をお願いします。また、ジェネリック医薬品希望カードを提示する方法もあります。(カードは役場窓口・健康福祉課窓口に用意してあります。希望する方はお申し出ください)

 

この記事を印刷 この記事を印刷