20歳になったら国民年金

国民年金は、やがて訪れる長い老後や、生活の安定を損なうような“万が一”の事態に備え、保険料を出し合い、お互いを支え合う制度です。20歳になったら、忘れずに国民年金の加入手続きをしましょう!

国民年金の加入手続きは、どこで行えばいいの?

国民年金の加入手続きは、お住まいの市区町村役場の国民年金担当窓口または年金事務所で直接お手続きください。お時間に余裕がなく、窓口までお越し頂くことができない場合は、郵送によりお手続き頂くこともできます。

毎月の保険料はいくら?

国民年金の保険料(定額)は、月額16,260円(平成28年度)です。なお、保険料をまとめて前払いすることにより割引される前納制度もあります。

また、定額保険料に加えて月額400円の付加保険料を納付されると、将来、老齢基礎年金に加えて付加年金が支給されます。

付加年金は「200円×納付月数」で計算されます。例えば10年間納付(合計48,000円)された場合の付加年金額は24,000円です。付加保険料を納付される場合は、必ず定額保険料を納付していただくことが必要です。

口座振替が便利でお得!

口座振替は、金融機関等の窓口での現金納付に比べて便利でお得です。

口座振替には、毎月の保険料が翌月末に引落しされる翌月末振替と、毎月の保険料がその月の月末に引落しされる当月末振替(早割)があります。早割は月額50円が割引されます。

口座振替で前納制度をご利用される場合は、現金での前納に比べてさらに割引額が高くなります。 たとえば、1年前納を口座振替で行った場合は、月々現金でお支払いされた場合の合計額と比較して3,840円の割引(現金での1年前納は3,250円の割引)です。
口座振替による前納のお申込については、以下の期限を参考にして下さい。

 

①1年度分及び上期の6ヶ月分(4月分~9月分)は2月末までに
②下期6ヶ月分(10月分~翌年3月分)は8月末までに

 

年金事務所必着となるようにお早めにお申し込み下さい

この記事を印刷 この記事を印刷