ペット・動物

犬を飼った場合、死亡した場合は次の手続きが必要です

犬などのペットを飼うときは

  • しつけをきちんとし、他人に迷惑をかけないよう心がけましょう。
  • 特に散歩中のふんは、必ず飼い主が責任を持って片付けましょう。
  • 家族の一員として、最後までかわいがり世話をしましょう。
  • 犬の放し飼いはやめましょう。散歩のときは、必ず引き綱をつけましょう。
犬の登録・予防注射

・犬を飼う場合、生後91日以上の犬は必ず登録(生涯1回)し、毎年1回の 狂犬病予防注射を受けましょう。

 

 登録の方法

・子犬が生まれたり、譲り受けたりした場合は、町民税務課生活安全係で登録申請(登録料3,000円) を行ってください。

・飼い主が変わったときは登録事項変更届(様式第3号、鑑札持参は無料)を、 鑑札を無くしたとき は、鑑札再交付申請(様式第4号、手数料1600円)を町民税務課生活安全係で行ってください。

 

狂犬病予防注射

・ 毎年1回春に各地区をまわり、狂犬病の予防注射を行います(集合注射)
注射料は3,200円です。 尚、動物病院でも登録や狂犬病の予防注射を行っています。

・ 注射を受けた際に発行される注射済票を紛失(き損)したときは、注射済票再交付申請 (様式第6号、手数料340円)を町民税務課生活安全係で行ってください。

 

犬のふん対策

放し飼いやフンの後始末などの苦情が寄せられており、飼い主が責任を持って排泄物の後始末をお願いしています。散歩に行く際は、必ずビニール袋を持参するようにお願いします。

飼い主としての更なるモラルの向上をお願いいたします。

 

野良猫防止対策

飼い主のいない野良猫が増えています。糞尿、発情期の鳴き声、ゴミあさりなどの諸問題に悩まされている住民の苦情が、増加の一途をたどっています。

無責任な餌やりはやめましょう。

  

飼犬などが死亡したとき

手続き

犬が死亡した場合は、町民税務課生活安全係に死亡届(様式第2号)を行ってください。  

印鑑と鑑札、注射済票をお持ちください。なお、火葬する場合は、町民税務課住民係で火葬の申し込みを行ってください。

 

火葬場

新庄市最上さくらが丘斎苑【新庄市大字鳥越字南沢山神沢3779番地】  

ペットの火葬も斎場で行えます。手数料及び搬入等は下記のとおりです。  

手数料 : 1体 5,100円
搬 入 時 間 : 午前9時~午後3時
搬 入 方 法 : 段ボール箱や木箱に入れるか、布類(毛布・バスタオル等)にくるんでください。

※ビニールシートは、火葬炉故障の原因となりますのでご遠慮ください。 箱の大きさは、幅50m×高さ50cm、長さが150cmまでとしてください。

 

問い合わせ

 町民税務課 町民係 TEL 0233-43-2111(内線114)

飼うことが出来なくなった犬、猫の引き取り

様々な事情で飼うことが出来なくなった犬や猫は、最上総合支庁が有料で引取りを
行っています。 希望される場合、犬については鑑札を持参のうえ申込してください。  

受付日・時間 火・金の午前中


 引取手数料(91日未満) 1頭  300円
 引取手数料(91日以上) 1頭 2,000円


 引取手数料(91日未満) 1頭  200円
 引取手数料(91日以上) 1頭  800円

 

問い合わせ

 最上総合支庁保健企画課生活衛生室(最上保健所) 電話:0233-29-1261

この記事を印刷 この記事を印刷