外国人住民の方の手続き

外国人住民の住民基本台帳制度がスタートしました

 2012(平成24年)7月9日から新たな在留制度がスタートし、これまでの外国人登録制度は廃止されました。これにより外国人住民の方も住民基本台帳制度の対象となり、日本人と同じく住民票が作成されることとなりました。

住民票を作成する外国人住民の対象

観光などの短期滞在者等を除き、在留期間が3ケ月を超えて滞在し、住所を有する外国 人住民の方に住民票が作成されます。対象となるのは、次のいずれかに該当する方です。

  1. 中長期在留者
  2. 特別永住者
  3. 一時庇護許可者又は仮滞在許可者
  4. 出生による経過滞在者又は国籍喪失による経過滞在者
外国人登録証明書に代わり在留カード、
特別永住者証明書が交付されます

現在お持ちの「外国人登録証明書」は、制度改正後も一定期間は下表のとおり「在留カード」、「特別永住者証明書」とみなされますのでただちに在留カードに切り替える必要はありません。

 

特別永住者証明書とみなされる期間

16歳以上の方 ・旧外国人登録法による次回確認(切替)申請期間の始期で
あるその方の誕生日まで
・確認期間が2012年7月9日から3年以内に到来する方は3年以内
16歳未満の方 16歳の誕生日まで

 

在留カードとみなされる期間

永住者

16歳以上の方 2015年(平成27年)7月8日まで
16歳未満の方 2015年(平成27年)7月8日又は16歳の誕生日の
いずれか早い日まで

 

特定活動(5年の在留期間を付与されている方のみ)

16歳以上の方 在留期間の満了日又は2015年(平成27年)7月8日の
いずれか早い日まで
16歳未満の方 在留期間の満了日、2015年(平成27年)7月8日又は
16歳の誕生日のいずれか早い日まで

 

それ以外の在留資格

16歳以上の方 在留期間の満了日
16歳未満の方 在留期間の満了日又は16歳の誕生日のいずれか早い日まで

 

各種届出・申請

特別永住者の方

(1)新しく住所を定めたとき、又は住所を変更したとき

特別永住者証明書(みなし特別永住者証明書を含む)をお持ちのうえ、 変更の日から14日以内にお住まいの市区町村に届け出てください。

(2)住居地以外(氏名、生年月日、国籍・地域、性別)を変更したとき

結婚して姓や国籍・地域が変わった場合など、氏名・生年月日・性別・国籍・地域を変更したときは、お住まいの市区町村に届け出てください。 ( 変更の日から14日以内に届け出てください)

※必要なもの  

  • 旅券(所持する場合)  
  • 写真1枚(16歳未満は不要)  
  • 特別永住者証明書(みなし特別永住者証明書を含む)  
  • 変更した事実が分かる資料

(3)特別永住者証明書の有効期間が満了するとき

有効期間が経過する前に、住居地の市区町村に有効期間の更新申請をしてください。
(有効期限の2カ月前から申請することができます。有効期間の満了日が16歳の誕生日となっている方は、16歳の誕生日の6カ月前から申請することができます) 

※必要なもの

  • 旅券(所持する場合)    
  • 写真1枚(16歳未満は不要)    
  • 特別永住者証明書(みなし特別永住者証明書を含む)

中長期在留者の方

(1)新しく住所を定めたとき、又は住所を変更したとき

在留カード(みなし在留カードを含む)をお持ちのうえ、変更の日から 14日以内にお住まいの市区町村に届け出てください。

(2)住居地以外(氏名・国籍・地域等)を変更したとき、又は在留カードの 有効期間の更新など在留カードの交付を受けるとき

地方入国管理官署が届出・申請の窓口になります。

※詳しくは、最寄りの地方入国管理官署までお問い合わせください。

ご不明な点はお気軽に住民係までお問い合わせ下さい。

法改正の詳細につきましてはこちらをご覧下さい。

この記事を印刷 この記事を印刷