最上町国土強靭化地域計画

国土強靭化地域計画とは

東日本大震災の教訓を踏まえ、事前防災・減災と迅速な復旧・復興に資する施策を総合的、
計画的に実施することを目的として、平成25 年12 月に、「強くしなやかな国民生活の実現
を図るための防災・減災等に資する国土強靭化基本法(以下「基本法」という。)」が制定さ
れた。
政府においては、基本法に基づき、平成26 年6 月に、国土の強靱化の指針となる「国土強
靱化基本計画(以下「基本計画」という。)」を策定し、今後の大規模自然災害等に備え、強
靱な国土づくりに向けた施策を推進している。
本町においても、今後想定される大規模自然災害から町民の生命と財産を守り、持続的な
成長を実現するため、「致命的な被害を負わない強さ」と「速やかに回復するしなやかさ」を
備えた「強靭な国土づくり」を推進するため、「最上町国土強靭化地域計画」を策定しました。

計画の位置づけ

本計画は、基本法第13 条に基づく国土強靱化地域計画として策定するものであり、本町
における国土強靭化に関する施策を総合的かつ計画的に推進する基本的な計画となるとと
もに、国土強靭化に係る各種計画等の指針となるものです。

計画の期間

本計画が対象とする期間は、策定から概ね5 年間とします。

計画のダウンロード

 

この記事を印刷 この記事を印刷